担当個人記事

HOME» 担当個人記事 »撮影 神内

担当個人記事

撮影 神内

撮影が目的の機材の一つがストロボでしょうか

撮影に必要な機材
第一にカメラ(当然無いと撮影出来ません)
第二は感材(少し前まではフィルムでしたが、今ではメディア&PCでしょうか)

そこから先は幅広くなるでしょうか三脚とかフィルターとか他にも沢山の機材が有りますが、その中の一つにストロボも含まれます
ストロボまたはフラッシュと呼ばれる物の中にも多数の種類が有ります。
当社のストロボは大型ストロボと一般に呼ばれるもので、写真スタジオ等で多くご愛用いただいています。

私は主に写真館関連のお客様とお付き合いをさせていただいております。
写真に詳しい(厳しい?)お客様方に色々教わってきました。
入社当時はまだまだ4×5全盛期でしたので、最初はピントの合わせ方からアオリの使いかたまで、教わりました。
当時は一つ一つの機材の金額を聞いただけでビックリしてたのを覚えてます。
それから写真館ではブローニーサイズが全盛になり。その後デジタル化が進みカメラと言えばデジタルカメラが当たり前なってきました
撮影機材はここ数年めまぐるしく変わってきました(カメラは何台変わりましたか?)
撮影スタイルも同じく変わってきました(表現方法も広がり)
当然スタジオのストロボも変化してきました(シビアさと光量等のフレキシブル化etc)

これから先ストロボが今までと同じでは、対応仕切れない時代がやって来るのかもしれませんが、ストロボという機械を通じて撮影のジャンルに関わっていけるように有りたいと思っております。
続きを読む
2010/05/21